キッザニア東京平日2部攻略法。何時に行ってどう回る?体験レポート

キッザニア東京おでかけ

マネジャー気分で、仕事を詰め込みます(笑)

キッザニア記事の連投です。

こっちは本家キッザニアの方。

2019年12月に大人無料の日が設定されていたので、長女(8歳)、長男(6歳)を連れて行ってきました。

キッザニアに行くのはこれで都合5回目。

初めて行ったのは長女が5歳の時。

5歳位であればもう十二分に楽しめると思います。

2回目は長男(当時4歳)と長女(当時6歳) 、2人を連れて。

「4歳では少し早いかなー」と思いましたが、お姉ちゃんと一緒なら4歳児でもかなり楽しそうでした。

なかなかの値段設定なので、そう頻繁には連れて行ってあげられないのですが、子供達にとってキッザニアはやはり相当楽しい所みたいです。

現在東京と甲子園にあるキッザニアですが、人気のおかげで2021年には名古屋で、2022年には福岡で開業が予定されているそうです。

何回か行って、回り方のコツみたいな物がわかってきました。

これから行かれる方の為に、我が家の回り方を当日のタイムスケジュールに沿ってレポートします。

払った分は元を取りたい(笑)、詰め込みの「元を取る派」の参考にはなるかと思います。

スポンサーリンク

我が家が行くのは平日の2部

攻略法とか大きく言っていますが、実は平日の2部にしか行った事ありません。

そもそも土日は混雑が予想されるので元を取るのには向いていないのと、料金も平日より高く設定されています。

キッザニア東京の料金表(キッザニアホームページより引用:税抜価格)

平日第1部平日第2部休日第1部休日第2部H.S第1部H.S第2部
園児
(3歳~)
3,550円2,950円4,200円3,250円5,100円3,900円
小学生3,950円3,250円4,700円3,550円5,700円4,250円
中学生4,050円3,350円4,800円3,650円5,800円4,350円
大人
(16歳~)
1,950円1,950円1,950円1,950円2,050円1,950円
シニア
(60歳~)
950円950円950円950円950円950円
  • 休日とは、H.S以外の土曜・日曜・祝日
  • H.S(ホリデーシーズン)とは、キッザニアが定めた長期休暇

混雑具合(Googleより引用:2020年1月時点)

空いている曜日は「火曜日」「木曜日」。

一番混むのはやはり「日曜日」で次に「土曜日」。

「金曜午後」「月曜日」も意外と混雑するのが読み取れますね。

我が家は長女(8歳)が小学校から帰ってきてからクルマで豊洲に向かって、ギリギリ間に合うエリアに住んでいるので、平日2部に行ける有難さを享受しています。

ここからは、直近行った日のタイムスケジュールを書いていきます。

9時48分、ららぽーと豊洲着。2部の整理券配布に並ぶ

訪れたのは2019年12月2日(月曜日)。

キッザニアは午前9時開始の1部と、午後16時開始の2部の二部構成になっています。

  • 9-15時(6時間)の第1部
  • 16-21時(5時間)の第2部

2部の開始は16時からなのですが、 2部の整理券配布は10時15分から始まります。

キッザニアに行く時は会社を休んでクルマで朝から豊洲に向かい、大体10時前には列に並ぶようにしています。

9時48分、ららぽーと豊洲の駐車場に到着。ららぽーと豊洲の営業開始時間は10時からなので、動いているエレベーターも制限されています
写真の時刻は9時57分

こんな感じで皆さん並ばれています。

早い人だと、9時前から並ばれる人もいるみたいです。

この日も私の前に30人程度いたでしょうか。

キッザニア2部の整理券配布を待つ列
10時になると列の移動が始まり、キッザニアの前に移動します。同時に説明の紙が配られます
カウンターで、事前に予約した予約番号やQRコードなどを提示し、「お仕事3点セット」と「入場順番カード(整理券)」をもらいます
入場順番カード(整理券)。今日はB-40

なぜ朝早く行ってまでこの「入場順番カード」をもらうかと言うと、キッザニアは基本「早いもの勝ち」でお仕事の予約を入れていきます。

この整理券の番号が早ければ早いほど、2部開始時に早く入場でき、人気のお仕事の予約を入れられます。

大人気の「お菓子工場(ハイチュウ)」「メガネショップ」「はんこ屋」「ゲーム会社」などは、入場開始後すぐに全部の回の予約が埋まってしまいます。

早く入場できればそれだけ人気のお仕事の予約が可能になるので、子供が「やりたい」と言った仕事が大人気のお仕事の場合は整理券ゲットは必須になってくるかと思います。

私の次の方のカードは「C-1」になっていました。

では、40区切りづつでA、B、Cとアルファベットが上がっていくかというと、どうもそうでもないらしいです。

スタッフの方に聞いたところ、カードはHまではあるそう。

さらに番号の数もその日によって配られる数が違うとのこと。

Aの番号が配られない日もあるそうです。

ここらがどういうルールで運営されているかは、正直運営側しか把握していないと思われます。

ただ今までの経験上、大体10時前に並べば、「B」か「Cの早めの番号」を貰えています。

写真の時刻は11時前の入場口前の状況

11時前には列もハケ、撤収が始まっていました。

チラ見したところ、この位の時間に来た方もC台番号でした。

当日貰ったパンフレットに受付から退場までの流れが載っていたので、載っけておきます。

キッザニア入場受付から退場まで

家に帰っての事前準備

エコシールを台紙に貼る

キッザニアでは受付時に、「お仕事3点セット」なるものを受け取ります。

お仕事3点セット
お仕事3点セット

ただ、この3点セットのうち、マップに関しては受付時に「マップはいりません」と言うと、代わりに「エコシール」を貰えます。

公式 エコシールを集めよう

エコシールと台紙
エコシールと台紙

マップは公式サイトにPDFデータがあるので、事前に印刷して持っていけば代用できます。

このエコシールは3つ貯めると、お金(キッザニア内での通貨“キッゾ”)を払って体験するお仕事が、無料で体験できるようになるので、無くさないうちにとっとと台紙に貼っておきます。

JOBスケジュールカードの準備

JOBスケジュールカード
JOBスケジュールカード

続いてはJOBスケジュールカードに名前と年齢の必要情報を記載しておきます。

このJOBスケジュールカードで子供らはお仕事を予約していくわけですが、これを手に持たせたままだとかなり煩わしいのと、簡単になくしやがる(笑)ので、ひと工夫必要です。

JOBスケジュールカード専用のストラップ
キッザニアで販売されてるJOBスケジュールカード専用のストラップ

キッザニア内の売店では、専用のストラップが売られていますが、1つ1,200円もします。

ここでしか使えないものにそんなにお金をかけるつもりもないので、我が家はかつて「はま寿司」がスタンプカードを配っている時にもらったこんなのを再利用しています。

こんなの

多少貧乏くさいですが、見てくれより、実利です、実利(笑)。

これにより、JOBスケジュールカードを首からぶら下げれるようになり、スムーズに回れます。

15時20分、キッザニア東京に再訪

幼稚園から帰宅した長男(6歳)をクルマに乗せ、長女(8歳)を小学校の前で拾い、キッザニアに向かいます。

再集合時間は15時15分でしたが、着いたのは15時20分。

並んでいる人達の整理券番号を見て、自分の番号の所に入れてもらいます。

キッザニア2部の開始時間は16時からなのですが、施設内への入場は15時半から始まります。

時間が差し迫っていたのですが、子供らを列に並んでいるように言いつけて、列の最後尾がどこまで伸びているか確認しに行きました。

この奥の方まで列は伸びてます

自分の列も進むので、超ダッシュで後ろの様子を見に行くと、おそらくGの真ん中くらいまでは列が伸びていました。

平日だというのに、かなりの人出ですねー、大人無料が効いてるんだねー。

15時39分、「絵の具屋」を予約

整理券番号がB番台ですと、だいぶ早く入場できて、人気のお仕事の予約も可能です。

15時37分に入場できました。

まずは長女のリクエストだった「絵の具屋」を目指します。

キッザニア2階にある、絵の具屋のお仕事の予約受付。他にサッカースタジアム、メガネショップ、鉛筆工場もこちらで受付します
無事16時半からの2階目の開催回を予約できました(5分前集合なので、集合時間は16時25分)

ちなみにキッザニアに来る前は子供らからあらかじめどんな仕事をやりたいか聞いてから来ています。

図書館にキッザニア攻略の本があるので、これを借りて、体験したいお仕事をある程度子供らに決めさせています。

図書館で借りたキッザニアの攻略本
図書館で借りたキッザニアの攻略本
攻略本にはこういった「混雑するお仕事チャート」なんかも載っていて、参考になります

ただ図書館の本は最新ではない事もままあるので、公式ホームページもチェックして、最新情報もゲットしておきましょう。

期間限定ブースなんかもあったりするので、そういった情報は本には載っていません。

期間限定のタピオカブース。 2019年と言ったらまぁタピオカですからねぇ

話を戻します。

絵の具屋の体験は、1回の定員が2名。

1回の体験人数が少ないお仕事は、それだけ早く全回の予約が埋まりやすいです。

15時40分にはひとつ目のお仕事予約が終わっていたので、16時から体験できるお仕事を探し行こうとしたのですが、キッザニアのルールでひとつ目のお仕事を予約した方は、15時50分まではそこに待機しなければならないとことでした。

待機場所で15時50分まで待ちます

上の写真の時刻は15時42分。まだまだ人出は少ないのですが…。

こちら15時48分の写真。だいぶ混んできました

この後も続々人が入ってきます。

待機場所から動けないので、観察をしていたのですが、15時45分頃にはEの整理券番号を持った方々が入ってきました。

さらに待機場所は、4つのお仕事ができるブースのすぐ近くだったのですが、15時48分には大人気の「メガネショップ」の全回予約が埋まり、受付終了になっていました。

15時50分 待機の解除。 アルバイトを探しに行く

15時50分になると場内にアナウンスが流れて、移動ができるようになります。

絵の具屋のお仕事が16時25分集合なので、16時から20分程度で終わるお仕事を探します。

しかし、実はそんなお仕事はありません。

キッザニアは仕組みが非常に考えられていて、どのお仕事も大体30分程度の体験時間です。

更にお仕事予約はひとつしか入れられない仕組みになっていて、予約を入れた体験の集合時間と時間が少しでもかぶるようだと、体験をさせてもらえません。

説明が難しいのですが、この仕組みによって早く入場した子供、遅く入場した子供、体験できるお仕事の数の公平性が保たれるようになっています。

早めの整理券番号を持っている今回の私たちのような場合、ひとつ目のお仕事予約にはメリットがありますが、それ以降は基本公平になります。

平日2部の場合、どの子供も大体5〜6程度のお仕事体験になると思います。

お仕事を待つ時間を減らして、いかに多くのお仕事を体験させるかが、私のような「元を取る派」の命題になります(笑)。

で、20分程度の待ち時間を効率的に埋めるためにどうすれば良いかと言うと、答えは「アルバイト」になります。

アルバイトの求人票
アルバイトの求人票

約15〜20分のお仕事なので、アルバイトをしても、16時25分に予約した絵の具屋のお仕事にも間に合います。

宅配センター」のパビリオンに行き、アルバイトの募集があるか聞いて、無事お仕事にありつけました。

アルバイトについては「おしごと相談センター」に言って聞くか、施設内のラックに先ほど写真で紹介した紙が置かれていたりします。

どのパビリオンでアルバイトの募集があるか把握しておくと、お仕事を待つ「死に時間」を減らすのに役立つと思います。

16時前のお仕事予約状況

15時50分に移動解除になったのち、回れる範囲で写真を撮っておいたので、混雑状況の参考にしてください。

ベーカリー

ベーカリー
撮影時刻は15時54分。予約を入れられる時間は17時からの回

お菓子工場

お菓子工場
撮影時刻は15時55分。 受付終了してます

お菓子工場は、既に全回の受付予約が終了していました。

おそらくこの時刻よりだいぶ前に全回の予約が埋まっていたと思われます。

こういった大人気お仕事の予約を入れるために、朝早く行って整理券をゲットするわけです。

食品開発センター

食品開発センター
撮影時刻は15時55分

予約を入れられる時間は16時半からの回。

食品開発センターのお仕事は冷凍食品を作るお仕事ですが、うちの子もやったことありますがなかなか面白いです。

人気もそこそこなので、予約も入れやすいです。

初めて来られる方などは狙い目だと思います。

サラダショップ

サラダショップ
撮影時刻は15時56分。予約を入れられる時間は16時25分からの回

石けん工場

石けん工場
撮影時刻は15時57分。予約を入れられる時間は16時55分からの回

ソーセージ工房

ソーセージ工房
撮影時刻は15時58分

予約を入れられる時間は17時5分からの回。

オープン当初は大人気だったソーセージ工房 (2016年3月オープン)の人気も大分落ち着いた印象です。

1年程前の以前来た時は、だいぶ早めに全予約が埋まっていた気がするので。

ピザショップ

ピザショップ
撮影時刻は16時1分。既に全回の予約終了

この日のピザショップはエライ早く予約が終了していた気がします。

以前来た時は流石に16時早々に予約終了ってことはなかった気がするんですけどね。

ちなみキッザニアの入口横には受付を終了したパビリオンの掲示板があります。

予約受付終了の掲示板
撮影時刻は16時32分

こう言った情報も賢く利用して、効率的にお仕事を回ります。

16時お仕事開始。宅配センターのアルバイト体験

16時になったので、キッザニア2部のお仕事開始です。

宅配センターのアルバイト体験
左の着替え済みの子たちは正規のお仕事。奥がアルバイトの説明を聞く我が子たち

宅配センターのアルバイトは、指定された場所にメール便(お手紙)を届けにいきます。

地図を見て、お届け場所を探し中。見守りはしますが口は出しません
無事地図を読み取って、2階の保護者ラウンジに到着。写真の子供たちはおそらく他アルバイトの子供たち

地図を読み取るのに少し苦労しましたが、1階1ヶ所、2階1ヶ所にお届けしてアルバイト終了です。

宅配センターに戻って、アルバイト代の3キッゾ貰って16時20分前に終了しました。

16時25分、絵の具屋さん

絵の具屋さんでは、キッゾを払って絵の具作りを体験できます。

公式 絵の具屋

水彩絵の具の特徴を教えてもらった後、25色の絵の具の中から好きな色を5つ選んで、5本のチューブに詰める体験をします。最後に、絵の具の箱にシールを貼ってできあがり。オリジナルの絵の具セットは持ち帰ることができます。

引用:キッザニア東京ホームページ

今回は先ほど先述したエコシールが溜まっていたので、これを提示してお金を払うことなく体験できました。

25色の絵の具
この中から、好きな絵の具を5色選んでいきます
チューブに絵の具を入れていきます
チューブに絵の具を入れていきます
お土産の絵の具
出来上がった絵の具。お土産として持って帰れます

絵の具をチューブに入れる機械に不具合が出て、少し時間がかかりました。

16時55分にお仕事終了です。

ちなみに子供が体験中、親はベタ付きかと言うと私は違います。

元を取る派の私は、マネジャーのように、次にあまり待ち時間なく体験できるお仕事を探すべく、施設内を偵察して回ります。

事前に子供がやりたいと言っていたパビリオンを偵察して回りますが、そこは臨機応変に、とにかく時間を効率的に使えるように仕事を詰め込みます(笑)。

17時2分。18時10分集合のハンバーガーショップを予約

晩御飯の事も考えて、18時10分からのハンバーガーショップの予約を入れます。

ハンバーガショップは作ったハンバーガーをお土産として持って帰れるので、これを夕食にします。

公式 ハンバーガーショップ

ちなみにキッザニアのお仕事は時間指定予約ができません。

「19時あたりの回に予約を入れたいな」と思っても、18時の回が埋まっていなければ、18時の回の予約しか入れられません。

本来なら19時くらいの回が良かったのですが、ここで予約を入れないで、他の体験をして30分後とかに再訪したときに、最悪全部の予約が埋まっていると言う事も考えられます。

食事もののお仕事に関しては、保険を打つ意味でもこのタイミングかなと思い予約を入れました。

ハンバーガーショップの予約用紙。10分から15分間隔で6名ずつ体験できるので回転は良いです

ちなみにハンバーガーショップは1回の体験人数が多いのと、体験時間も短めなので、比較的予約は入れやすいです。

17時4分。17時15分集合のプリント工房を予約

ハンバーガーショップの予約をしたので、あまり待ち時間がないお仕事をやりたいなと思ったら、良いのがありました。

合成写真を作るプリント工房です。

公式 プリント工房

予約を入れて、再集合までの10分間で、プリント工房前にあったベンチでおやつタイムです。

持参した菓子パンをモグモグしました。

17時15分、プリント工房のお仕事を体験

プリント工房はお金(キッゾ)を払う体験です。

1人10キッゾを払い、ポーズを決めて、合成写真を作ります。

プリント工房で作れる合成写真
こんなのが出来るらしい

下調べが出来ていなくて、よく知らなかったのですが(後で調べると最近リニューアルされたらしい)、お土産も貰えるし、待ち時間無くすぐ出来たし、ナイスチョイスだったなと。

あまり人気はない感じでしたが、我が子たちもノリノリで撮影してて、なかなか楽しそうでしたよ。

グリーンバックを背景に、ポーズを決めて撮影します
写真はカレンダーフレームに入れてくれます
出来上がりはこんな感じの2種類。完成物を見て、子供らもケタケタと笑っていました

17時36分にプリント工房は終了。

着替えがなく、ポーズを決めて写真を撮るだけなので、早く終わるお仕事だと思います。

17時38分、17時45分からの「街時計」を予約

街時計

子供らがプリント工房を体験中、次に時間ロスなく体験できるお仕事を探索して「街時計」を見つけました。

公式 街時計

楽しいダンスで時間を知らせよう!
時間になったら時計台前のバルコニーに、からくり時計の人形役として登場し、歌やダンスのパフォーマンスを行い、みんなに時間を知らせます。

引用: キッザニア東京ホームページ

ポンポンを持って踊りを踊って、街に時刻を知らせます。

踊りの振り付けを練習中
踊りの振り付けを練習中
着替えをして、ポンポンを持ってー
こんな風に、18時の時刻を踊って知らせます

ちなみに下からの写真撮影になるのですが、子供らは小さくてほぼ見えません(笑)。

街時計は比較的人気薄で、締め切り時間近くになっても定員がなかなか埋まらない事もあります。

今回の街時計も、集合の17時45分の2分前にやっと定員の8名が埋まりました。

街時計は終了後、着替えの時間があるので、出てきたのは18時9分。

本当ならハンバーガーショップの後のお仕事を予約しておきたかったのですが、それは欲張りすぎてかなわず。

予約していた18時10分からのハンバーガーショップに小走りで向かいました。

9分に終わって10分から次の仕事なんて、我ながら詰め込みまくりだなと。

子役を酷使させる悪徳マネジャーかと(笑)。

18時10分〜、ハンバーガーショップ

ユニフォームに着替えてピース
ハンバーガー調理中

ハンバーガーショップを見学中、18時15分にはこの日のハンバーガーショップの最終の回、20時30分の回が全て埋まりました。

ちょうどハンバーガーショップのスタッフの方がいたので、聞いてみました。

いつもこんなに早く、全回の予約埋まってましたっけ?

そうですねー、今日は月曜日で幼稚園や小学校の振替休日の影響もあってか混んでいる方ですね。

いつもどれくらいに終わってしまうんですか?

平均すると18時半から19時の間には最終の回の受付が埋まる感じですかね。

この後混む曜日の事も聞いたのですが、やはり土日が混んで、火曜日が空いているとのことでした。

そうこうしているうちに18時39分にハンバーガーショップ終了です。

18時44分、19時25分開始の「科学研究所」を予約

子供らに作ったばかりのホカホカハンバーガーを食べさせて夕食にしたい所ですが、まず次のお仕事の予約です(鬼)。

子供らがハンバーガー制作中、例のごとく徘徊して目星をつけておいた18時50分集合のテーブルマジックは4人定員の所、直前の子らが3人で入ってしまい、姉弟2人で出来ず断念。

ただ、今、文字に起こすと子供らに10分でハンバーガー食えとか、なかなか鬼畜だったなと反省。

次に見つけたのは、やったことのなかった「ソーセージ工房」。

開始時間は19時10分から。

これならゆっくり食事できて、時間のロスも無くて良いなと思ったのですが、こちらも空きは1人で、その次の回は19時50分からとのこと。

姉弟2人一緒のお仕事じゃなければイヤだという事でこれも見送り。

やったことが無くて、時間のロスがそこまでなさそうなのが「科学研究所」だったので、19時25分開始の「科学研究所」に予約を入れました。

18時45分〜、夕食ハンバーガータイム

次のお仕事の予約を入れたので、これでようやっと自分たちの作ったハンバーガーで夕食です。

ピザショップの前のベンチで食べました。

施設内には飲食物が販売されている箇所が数カ所あるので、私もバーガーを買って食べました。

公式 キッザニア東京・飲食店

19時2分、エネルギー会社のアルバイト

子供らが思いのほか早く食べ終わり、何かお仕事したいとのことだったので、「それならアルバイトないか聞いて来い」と、送りだしました。

エネルギー会社(ガス会社)にアルバイトがないか聞きにいきます
ここに届けろ!

無事アルバイトにありつけて、ガス工事のお知らせを届けに行きます。

届け先は2階の保護者ラウンジ。上の写真はその地図。

宅配センターのアルバイトでもお届けした場所なので、もう慣れたものです。(笑)

あっという間にお届け完了です。

「ガス工事のお知らせでーす」と、お知らせをポストに入れて終了です

19時25分〜、科学研究所のお仕事

科学研究所

専門器具を使って菌の研究をしよう!
人々の暮らしに役立つために、毎日研究や実験を行っています。
いろんな菌をけんび鏡で観察して、自分が調べた菌のことを報告します。

引用:キッザニア東京ホームページ

顕微鏡を使って菌を観察します。

帰りのクルマの中で、今日やった中で何が一番面白かったか聞いたら、意外にもこの科学研究所が一番面白かったとの答えでした。

確かに博士になったみたいに、顕微鏡を見たり、フラスコの中の液体に溶液を加えて機械で振動させたりしていました。

ちなみにどんな菌を観察したかを聞くと、何と「ノロウイルス(本物)」を観察したそうです。

最終冗談かと思ったのですが、本当に本物のノロウイルスを観察したそうです。

スタッフのお姉さんから、

本物のノロウイルスだから、本当に気をつけてね。

と、言われたそうです。ガチだなぁ。

ノロウィルスの入った容器に何かしらの溶液を加えて、機械で振動させています
顕微鏡でウィルスを観察
最後はヤクルトを飲んで終了です

19時47分に、科学研究所終了です。

小さい体に白衣が、アニメ「日常」の東雲博士のようでかわいらしかったです。

19時49分、20時開始のテーブルマジックを予約

子供らが科学研究所を体験中、例によって散策して目星をつけておきました。

科学研究所終了後、迷うことなく即移動し、テーブルマジックの予約を入れました。

テーブルマジックのパネル

20時開始で一応体験時間の目安は30分間なので、早く終われば、最後、20時半からラストの仕事を入れられるかギリギリの所。

時間のロスが許されないので、マジックが19時55分集合だったので、この5分で銀行にトラベラーズチェックを預けられないか送り込みましたが、JOBスケジュールカードをチェックされ、やんわり断られました。

銀行に送り込むも、この後のお仕事の時間が迫っているとのことで、断られました。

銀行は行かなくてもどうにかなるのですが、銀行に口座を開設すると初回時には専用のお財布が貰えるのと、お金(キッゾ)を預けると、ちゃんと利子がつく仕組みになっています。

行くたびに増えていくキッゾを子供たちも楽しみにしていますし、「利子」というものを学ぶ(説明する)ためにも銀行には空いている時間には行くべきだとは思います。

20時〜、テーブルマジック

ステージ衣装にお着替えしたところをパシャリ

公式 マジックスタジオ

実は以前来た時、劇場でのステージマジックを姉弟2人で経験済み。

その時も大分楽しかったみたいなので、テーブルマジックもきっと楽しいだろうと言うことでチョイス。

教えてくれるマジシャンの方は、以前やったステージマジックの時と一緒の方でした。

当然なんですが、子供らの扱いがうまく、練習を10分程度したのち会場に招き入れられました。

披露してくれるのはお約束の、コインが消えるテーブルマジックですね。

ちょっとナメてたんですが、ちびっこマジシャンさん達は見事にコインを消してました。

タネも見破れずに、

あれ、どうなってたか教えてよー?

と、聞いても

教えちゃダメって言われたの!

と、ニコニコで嬉しそうでした。

最後は「ご覧いただきありがとうございました、シーユー!」とお辞儀で締めます。

着替えをして、20時18分に出てきました。

予定より大分早いです、ラッキー!

子供らがマジックを終えて、着替えている間ほんの2〜3分ですが、ここが最後の勝負(勝負?)です。

20時を過ぎると、人気のパビリオンはどんどん予約受付が終了していきます。施設内をダッシュで見回って、8時半くらいからの最後の回が体験できるお仕事を探します。

20時20分前にダッシュで見回って、まだ予約を受け付けていたパビリオンを参考までに書いておきます。

  • スポーツクラブのヒップホップダンス(20時40分開始)
  • 鉛筆工場(20時35分開始)
  • 料理スタジオ(20時30分開始)
  • ラジオ局(20時30分開始)
  • 証券会社(20時30分開始)

ただ、私が見て回った20時15分から5分間の20分くらいまでで、ほとんどのパビリオンの受付は終了してしまったと思います。

証券会社とヒップホップは20時30分近くでもまだ受け付けていましたが。

20時20分、トラベルセンターの最終回を予約

公式 トラベルセンター

楽しい旅のプランを考えよう!
ツアープランナーとして、お客さまにおすすめの旅のプランを考えます。
ホテルや食事、観光などの情報をいろいろと調べたら、お客さまに旅のプランをお勧めするチラシを作ります。作った旅のチラシを持ち帰ることができます。

引用:キッザニア東京ホームページ

体験したことのなかった、トラベルセンターを最後に選びました。

20時20分時点で定員8名のうち、1人しか埋まっていなかったので即決です。

ただその後、最後のお仕事を求める他パビリオンが終わった子供らが一気に流れてきて、20時23分には定員8名が埋まりました。

トラベルセンターでは、旅のプランを考えて、お客様に提案するチラシを作成します。

今回はハワイの事を学び、旅行プランを考えるようです。

ハワイはどこだー?

まずはパビリオン前にあるでっかい地球儀を見ながら、ハワイを探します。

映像を見て、ハワイをお勉強。フラダンスですな

モニターの映像を見ながらハワイのお勉強です。ハワイの名所や名物なんかを学びます。

パソコンを使って、旅のプランチラシを作成していきます

この時、我が子らは上の写真で写っている所の裏側に行ってしまい姿が見えなかったのですが、長男と長女の「アハハハハ」との大きな笑い声が聞こえました。

後から何があったか聞くと、マウスとキーボードを使って作業をするのですが、さわり慣れていない長男がキーを連続で入れてしまい、それがもの凄く面白かったそうです。

作成者の名前を「たかし(←仮名です)」と入れる所を、「たかしししししししししししし」と入れてしまいそれが爆笑モノだったそうです。

なんじゃそりゃ、平和か(笑)。

制作したチラシ。しわしわなのは、雑に保管していたから

出来上がったものがコレ。1日目と2日目の旅プランを、パソコンを使って選んだようです。

背表紙の右下にはパソコンのカメラで撮った顔写真と作成者の名前入りです。

パソコンでの作業は2人ともほぼ初体験だったので、良い体験になったと思います。

時間の都合だけ考えてやらせたお仕事ですが、さすがキッザニア 、どのお仕事でも一定レベルの満足度は得られるようになってますね。

後日、王様のブランチかなんかでハワイの特集が組まれていたのですが、娘は勉強して多少知識が入っていたからか、

あー、ここ知ってるー。キッザニアでやったー

と、興味深そうに、そのコーナーを見てました。

こういうのもあると、親としても連れて行った甲斐があるなと思いますよね。

なんだかんだでそこそこ時間がかかって、 20時57分にお仕事終了です。

ラスト、銀行に送り込む

まだだ、まだ終わらんよ!

まだ終わらせません(笑)。

最後まで時間を使います。

銀行がまだやっていたので、先程断られた銀行に「キッゾを預けてこい」と送り込みます。

明日も学校なので、流石に人も少なくなってきていて、比較的早く預け終わりました。

本当にこれにて終了です。

本日やったお仕事と振り返り

  • 16:00 宅配センターのアルバイト
  • 16:25 絵の具屋
  • 17:15 プリント工房
  • 17:45 街時計
  • 18:10 ハンバーガーショップ
  • 19:02 エネルギー会社のアルバイト
  • 19:25 科学研究所
  • 20:00 テーブルマジック
  • 20:25 トラベルセンター

お仕事7つ、アルバイト2つ。

お仕事を待つ「死に時間」も相当少なく、かなり良いマネジメントができました(笑)。

元を取る派の心得としては、子供が体験中、とにかく情報収集です。

時間ロスをなくして、仕事を詰め込みます。

そうは言ってもそれだけだと子供も楽しくないかもしれないので、事前に「どうしてもコレはやりたい」というものをヒアリングしておいて、体験したいお仕事の優先度をつけて、後は現地で臨機応変に対応します。

集約すると、事前のシミュレーションと当日のアドリブが大事と言うことです。

まとめ

いくつお仕事できるかな?

楽しみ方は各ご家庭それぞれなので、こんなに鬼のように詰め込まなくてもキッザニアは楽しめます。

のんびりお土産をみたり、食事をしたりもいいですが、我が家は私の貧乏症が大炸裂してこのように詰め込みキッザニアになります(笑)。

ただ詰め込んでやらせてみると、当初眼中にもなかったものも、意外と子供らの評判が良かったりするのも、面白いです(今回の科学研究所みたいに)。

わが家にはまだキッザニア未経験の次男(3歳)もいますんで、今後もまだまだ行くことになるであろうキッザニア。

やったことのないパビリオンもまだまだいっぱいあるので、機会を見てまたレポートを書きたいと思います。

娘が帰りのクルマの中でこんな感じで宿題をやっていました(笑)。家に帰ったら10時近いからね。時間の使い方が俺譲りだ!

コメント