会社で濡れた靴下を急いでこっそり乾かす方法。用意するものは2つ!

その他・雑記

私、会社でいつもこれで乾かしてます

「傘を持たずに昼食に出かけ、急な雨に振られて靴がビショビショ」なんて経験は、社会人なら皆さんあると思います。

あれ、気持ち悪いですよねー。

午後の仕事もあるのに、濡れた靴下と靴を履かなきゃいけないのはテンションだだ下がりです。

私も先日その様な状況に陥り、靴下がバッチリ濡れてしまいました。

でも、濡れた靴下を会社で人目につくところに干しておくわけにもいかず…。

おっさんの濡れた靴下なんか干しておいたら、ただでさえ低い女子からの好感度がなくなるどころか、昨今だと「ハラスメントだ!」と言われかねないですからね(笑)。

と言うわけで、私がやっている「会社でのこっそり靴下乾かし方」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

用意するものは2つ。「空ペットボトル」と「熱湯」

やり方はいたって簡単です。

空のペットボトルに熱湯を入れて、それを靴下の中にインするだけです。

スチームアイロンの要領で、靴下が乾いてくれます。

濡れた靴下
この様に靴下が濡れたので…
ペットボトルに熱湯を入れたところ
ペットボトルに熱湯を入れ…
熱湯を入れたペットボトルを靴下の中に入れる
これを靴下にインします

写真からはわかりづらいですが、ペットボトルを入れた瞬間から、靴下から湯気があがり、乾燥が始まります。

後はこれを自分のデスク下の足元にこっそり隠して時を待ちます。

15分程経過後、お湯がぬるくなってきたので、こっそり給湯室に移動してお湯を入れ替えました。

お湯替えの時は、移動のタイミングでバレない様に気をつけて(笑)。

30分後の靴下の乾き具合
これが大体30分後位の乾き具合

30分程度で全乾燥とはいきませんが、履いても不快感がないくらいには乾きます。

後は履いて乾燥させます。

ほぼ乾きました、うん快適。

注意点としては、ペットボトルに熱湯を入れる時に、火傷をしない様にお気をつけください。

まとめ

靴も出来なくもないけど、新聞紙の方が良いかな

同じ感じで、靴にも熱湯を入れたペットボトルを入れて乾かそうとしましたが、ペットボトルと靴の間に隙間があくので、靴下ほどは上手に乾きませんでした。

靴は新聞紙をくしゃくしゃにしたものを詰めたほうがよく乾きますね、これも私はよくやります。

濡れた靴を素早く乾かそう。正しい靴の乾かし方と干し方を紹介 - くらしのマーケットマガジン
雨や雪の日は傘をさしていても、靴がびしょびしょに濡れてしまうことがあります。濡れた状態の靴を履くのは、非常に不快ですし衛生的にもよくありません。次の日には乾いた靴で気持ちよく過ごせるよう、しっかり靴を乾かす方法を紹介します。靴の乾きを左右す...
靴にペットボトルを入れて乾かしているところ
靴も乾かなくはないですが、ちと弱かったです。

コメント