ツインリンクもてぎのアスレチック「森感覚アスレチックDOKIDOKI」体験レポート

おでかけ

男の子達のはしゃぎっぷりがスゴイ!うちの娘も2回やりました。

長女(8歳)、長男(6歳)とツインリンクもてぎに行って、アトラクションを堪能してきました。

ツインリンクもてぎに安く行く方法や、気をつけておきたい事は以前の記事に書きました↓

「迷宮森殿 ITADAKI」の体験レポートはこちら↓

「巨大ネットの森 SUMIKA」の体験レポートはこちら↓

これから行ってみたいと考えている方のために、施設の様子をレポートします。

今回は小学1年生から体験できる「森感覚アスレチック DOKIDOKI」体験レポ。

スポンサーリンク

森感覚アスレチック DOKIDOKI概要

森感覚アスレチック DOKIDOKI

巨大などんぐりの木に隠された多くの難関を乗り越えて木のてっぺんを目指す、これまでにない新感覚の「木登り型アスレチック」です。
5階建ての建物を“巨大などんぐりの木”に見立て、1階から5階まで全部で39のアスレチックがあります。
アスレチックには体力が必要な“クライムゾーン”と勇気が必要な“空中ゾーン”があり、それぞれに難易度の高いチャレンジコースが出現します。木のてっぺんの5階までたどり着き、DOKIDOKIをクリアしたらスライダーで一気に滑り降りてゴール!

引用:ツインリンクもてぎホームページ

森感覚アスレチックDOKIDOKI|ツインリンクもてぎ
2018年3月に登場した5階建ての空中アスレチック「森感覚アスレチック DOKIDOKI」。全部で39ヶ所のアスレチックポイントがあり、小学1年生から大人まで家族みんなで楽しめる人気アトラクション。

合計39のアスレチックからなる、5階建ての空中アスレチック施設です。

小学1年生から体験可能で、大人も体験できます。

サンダル・ヒール等での利用は出来ませんが、靴の貸し出しがあるそうです。

昨年夏に訪れた時も長女(現在8歳小2)は体験出来たのですが、「1人でやってみるか?」と聞いたところ、パパと一緒じゃないと不安との事。

ちなみにうちの娘はあんまり運動神経が良くない方でして、少しでも運動神経を良くしようと色々行ってますので、興味のある方はこちらもご覧ください↓。

【格安】子どものボルダリング体験が何と100円。深川スポーツセンターをご紹介
子どもの頭と体に良いと言われるボルダリング。何と100円で体験できちゃう都内の深川スポーツセンター(江東区)をご紹介。4歳から利用可能で初回の利用方法や体験レポート、注意事項などをご案内。交通アクセスや駐車場情報も。
【格安】浦安のキッズ・ランニング教室で運動会前にかけっこ特訓だー!
運動会を翌週に控え、娘と特訓のために浦安のキッズ・ランニング教室に行ってきました。一体何を教えてくれるのか?娘は速く走れるようになるのか?当日のランニング教室の模様をご紹介。
【無料】こうとう こどもスポーツデーで、かけっこ教室やスポーツ体験
かけっこ教室を目当てに「こうとう こどもスポーツデー2018」に行ってきました。事前予約不要で区外の方も参加可能。無料のシャトルバスも運行されていてアクセスも良好。長女(7歳)は初体験のあのスポーツに夢中になりました。
【無料】いちかわスポーツフェスタでふわふわ遊具ざんまい
娘の運動音痴解消のために、2018年が初開催のスポーツイベント「いちかわスポーツフェスタ」に行ってきました。イベント概要や事前予約が必要な体験イベントの予約方法などをご紹介。あのキャラクターのふわふわ遊具を思う存分楽しんできました。

で、当時5歳の長男が1人で待っていてくれれば、私が付き添って体験出来たのですが、息子に聞いたところ、

無理ー、1人じゃ待ってられないー。

とのお返事により断念。

しかしあれから1年、娘の心も体も成長して

1人でやってみる!

との申し出があったので、今回初挑戦になりました。

幼児用アスレチック 「どきどきひろば」でお留守番

どきどき広場

キッズボルダリング

長女がDOKIDOKIに挑戦中、長男とDOKIDOKIの横に併設されている「どきどきひろば」で遊びました。

キッズボルダリング

キッズボルダリングをする長男

ラバー地で作られた広場で小山登りや丸太渡り、キッズボルダリングなんかが楽しめます。

これはこれでそこそこ楽しめますが、やはり長男はお姉ちゃんがいなくて寂しそう。

15分程遊んで、長女がまだ出てこないので、長男とは先に昼食を取ることに。

30分程して、長女が出てきました。

1人で出来た!エライ。

スポンサーリンク

長男の留守番を説得

DOKIDOKI どうだった?

と言うこちらの問いになんかフゴフゴと、よく分からない事を言いつつも、聞き取れたのは

もう1回、パパとやりたい。

とのコメント。

手伝って欲しいのか、中の様子を私にも見せたいのか分かりませんが、まぁ確かに私もこう言ったブログを書いているからには中の様子を見たくはあります。

そうなると必要なのは長男の説得。

ご機嫌を取るために長男ご希望の、ハローウッズの「森の迷路」をやりに行ったり、乗り物のアトラクションに乗せたりして、接待しました。

そして奥の手です。

こんな事もあろうかと持ってきたSwitchを渡し

Switchやって待ってられる?

とお願いすると、渋々ながらも「うん」と言ってくれました。

DOKIDOKIの真ん前にベンチがあるので、

30分程で戻ってくるからそこにいてSwitchやっててね

と言い聞かせます。

それだけでは不安なので、DOKIDOKIの入場口にいるスタッフのお姉さんにも、

すみませんが、幼稚園の息子をあそこのベンチに置いて行くので、できる範囲で良いので気にかけてくれませんか?

とお願いして「大丈夫ですよ」と言ってもらいました。

せがれ1人でも問題ないとは思うのですが、これで安心してDOKIDOKIに挑めます。

森感覚アスレチックDOKIDOKIに挑戦

レンタルシューズと貴重品ロッカー

レンタルシューズと貴重品ロッカー

DOKIDOKIの前には荷物置き場、貴重品ロッカー、レンタルシューズがあります。

ITADAKIと同様、入場時にカードに入場時刻を刻印して、アスレチックスタートです。

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

スポンサーリンク

森感覚アスレチックと銘打っているだけあって、ところどころに昆虫のオブジェがあります。

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

また、大概のルートに「むずかしい」と「かんたん」の2ルート用意されています。

これによって低学年の子も高学年の子もどちらも楽しめる様に作られていました。

長女は先程1人でやった時は「かんたん」ルートを多く選択してクリアしたらしいので、今回は私のサポートがあるので「むずかしい」の方にも挑戦していました。

なるほど、パパと一緒にやりたいとはそう言うことだったのね。

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

上の写真で言うと、右のどんぐり1個がかんたんルート、左のどんぐり2個がむずかしいルートです。

他には~

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

こっちが簡単ルート

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

こっちがむずかしいルート

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

難易度表示の看板

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

迷宮森殿DOKIDOKIのアスレチック

ギブアップ出口

ギブアップ出口

ITADAKI同様、途中でギブアップ出口もあります。

ベンチでSwitchをやっているせがれ

ベンチでSwitchをやっているせがれ

道中、長男の姿が見える場所も。

「〇〇(せがれの名前)ー、もうちょっと待っててねー」と声をかけます。

体験していると、後ろから小学3、4年くらいの男の子達が凄い勢いでやってきます。

急いでいる感じなので、道を譲ってあげます。

DOKIDOKIもITADAKI同様、開始時と終了時に時刻を刻印できます。

DOKIDOKIのスタンプカード

DOKIDOKIのスタンプカード

男の子達はきっと何回目かの挑戦で、タイムトライアルをやっているのでしょう。

そんなの楽しいに決まってるじゃーん!

自分が子供の頃に友達とかとこんなところに来たら、楽しくてたまらないだろうなぁと思いました。

すべり台

脱出のすべり台

出口の階段

出口の階段

ITADAKI同様、ゴールの5階には鐘があり、すべり台か階段で降りられます。

娘と階段で降りて、待ってられた長男にありがとうを言ってDOKIDOKI終了です。

まとめ

楽しいに決まってる!

森感覚アスレチックDOKIDOKIを初体験してきましたが、こんなの楽しいに決まっています。

好きな子は1日に2度、3度とやって色んなルートやクリアタイムを縮めると言った楽しみ方が出来ると思います。

我が家の様に未就学児がいて、保護者が1人の場合でも、空いている時に行けばスタッフの方に声かけして気にかけてもらえます。

途中、DOKIDOKIの前のベンチも見えますから、声かけも可能ですしね(笑)。

来年は小学校に上がるから、おねいちゃんと一緒にいっぱいやろうな、せがれよ。

コメント