江戸川区「水辺のスポーツガーデン」で初心者ローラースケート教室!

初心者ローラースケート教室体験

長女(8歳)も手応えを感じていました。

前から行きたいと思っていた、「江戸川区 水辺のスポーツガーデン」での「初心者ローラースケート教室」に長女(8歳)と行って来ました。

娘は浦安の交通公園で何度か無料ローラーブレードを体験していて、滑れるは滑れます。

ただ完全我流なので「転ばないで前に進める」程度のスキルで、ちゃんと習った事はありません。

娘に「教室あるけど行きたい?」と聞くと、

お金かけてまで行かなくて良いよ。

と、私の懐具合を忖度したコメント(笑)。

大丈夫だ娘よ、参加費1,000円未満だからなんとかなる。

むしろそんな事で忖度されるとパパ惨めな気持ちになっちゃうから(笑)、頼む、連れて行かせてくれ!

と、言うわけで体験してきたので、その模様をレポートします。

スポンサーリンク

「江戸川区 水辺のスポーツガーデン」へのアクセス

公式 江戸川区水辺のスポーツガーデン|アクセス

水辺のスポーツガーデンは、正直かなりアクセスの悪い所にあります。

駅からは最寄っていませんし、一番近い都営新宿線の瑞江駅からでも徒歩30分です。

その瑞江駅やお隣の篠崎駅からバスは出ていますが、バスでも最寄りのバス停から徒歩13分かかります。

クルマで来るのが一番現実的かと思います。

水辺のスポーツガーデンの駐車場案内

水辺のスポーツガーデンの駐車場案内

駐車場は

  • 駐車場台数:55台
  • 最初の1時間200円 以後1時間ごと100円

となっています。

江戸川区 水辺のスポーツガーデンでの初心者ローラースケート教室

初心者ローラースケート教室の案内

初心者ローラースケート教室の案内。公式ホームページのスクリーンショット。

今現在(記事執筆時2019/11/9)では、2019/12/7開催のローラースケート教室の情報が掲載されています!

公式 江戸川区水辺のスポーツガーデン|イベント情報

記憶してる限りでは、6月に1回あって、ローラスケート場の改修が7、8月と入って、9、10月は1回づつ開催されています。

2か月に1回程度の頻度で開催されているようです。

水辺のスポーツガーデンにはローラースケート場があるんです。

これってなかなか珍しいですよね?

専用のローラースケートのリンク

こんな風に専用のローラースケートリンクがあるんです

初めてここの存在を知った時は、こちらで大人の男性3人が凄い速さでリンクを周回していました。

そのガチ度から想像するに、おそらくスピードスケートの選手の夏季練習だったと思います。

初心者ローラースケート教室は9月にも開催されていたのですが、9月には別予定があって申し込めず。

今回、開催日前日に電話で申し込みしたのですが、問題なく申し込めました。

集合場所の様子

集合場所の様子

定員50名に対して、名簿をのぞき見したところ応募は30名程度でした。

レンタルしたローラーブレード、プロテクター、ヘルメット。ヘルメットは無料で、講習代・保険料込みで計850円でした。

レンタルしたローラーブレード、プロテクター、ヘルメット。ヘルメットは無料で、講習代・保険料込みで計850円でした。

親子での参加者も。「そうか、俺も申し込んで良かったんだ」とこの時気づきました。

親子での参加者も。「そうか、俺も申し込んで良かったんだ」とこの時気づきました。

ローラーブレードは、恐らくちゃんとしたイイ奴でした。

浦安の交通公園で貸し出してくれるヤツより、タイヤの廻りもものすごく良かったです。

また、ローラーブレードの履き方や、プロテクターの付け方なども講師の方が教えてくれながら装着してくれました。

この講師の方が、気さくでサービス精神旺盛な方で、子供たちの扱いも上手くて、とても良かったです。

ローラースケート教室開始!

ローラースケート教室と銘うちながら、教えてもらうのはローラーブレードです。

準備体操と立つ練習

まずは柔軟体操から

まずは柔軟体操から

次は立ち上がる練習

次は立ち上がる練習

見学の方たちはこんな感じ

見学の方たちはこんな感じ

初心者教室なので、「全くやったことない!履いたことすらない」と言う方から対象みたいなんですが、皆さんそこそこ滑れる方達でした。

逆に親子で参加していた方の、5歳くらいの娘さんは、本当に全く初めてだったらしく、立つのも歩くのもままならない感じで、泣いちゃって途中で離脱していきました。

本人のやる気次第なんでしょうけど、あまり小さすぎる子で全くの初心者はキツイかなと思いました。

男の子ならまた違うんだろうけどね…。

片足に体重を乗せる練習

片足に体重を乗せる練習をするため、シコを踏みます

片足に体重を乗せる練習をするため、シコを踏みます

ローラーブレード、アイススケートなどで大事なのは、しっかり片足に体重を乗っけられるかどうかだそうです。

それを実践するために、シコを踏みました。

前に進む練習

前に進む練習

前に進む練習

スケート用語で言う所の「ひょうたん」という滑り方の練習をしました。

お尻を落として、体重を前にかけて脚を広げる、そのままだと股が裂けてしまうので、両親指の内側に力を入れて閉じる。

軌跡がひょうたんみたいなのでそういう名前なんでしょう。

反復練習と他人を押す練習

反復練習と他人を押す練習

他人をしっかり押すことで、押す方は力強く進まなければなりませんし、押される方は重心をしっかり落としてバランスを取る練習になるようです。

最後は男の子チームと女の子チームに分かれてレース

最後は男の子チームと女の子チームに分かれて、リレーのレースを行いました。

女子チームが勝ち、女の子たちは大喜び。

雨が強く降ってきたので、予定より早く、11時半には教室は終了になりました。

娘は楽しそうにやっていたので、もう少しやらせてあげたかったけど、しょうがない。

まとめ

月一でローラコートの解放デーがあります。

水辺のスポーツガーデンのローラーコートは、だいたい月一で解放デーがあります。

ローラーブレードのレンタルもあるので、手ぶらで来て楽しめます。

レンタル料もすこぶる良心的なお値段なので、11月の解放デーには娘と来て、今回習ったことのおさらいをしようかと思っています。


我流もいいですが、ちょっとしたコツを教えてもらうだけでグンと上達する事もあるので、何より娘が楽しそうだったので、ここにはこれからもちょいちょいお邪魔する事になりそうです。

12月の教室も、娘がやりたいって言ったら行こうかなー。

コメント