【夏野草】エディブルフラワー、カンゾウのつぼみ(金針菜)を摘んで食べる

とって食べる

自生している花のつぼみを食べます。エディブルつぼみー!

当ブログに何度か訪問頂いている方(いつもありがとうございます)はお気づきでしょうが、私は街中で採取できる「無料食材」が好きなんです。

食べられるどんぐり。マテバシイの食べ方、見つけ方、実食レポ。
子どもとどんぐり拾いを楽しんで、ついでに食べちゃいましょう。食べられるどんぐり「マテバシイ」。その幹や葉の特徴、どんぐりの探し方や気をつけておいてほしいポイントをご紹介。果たしてどんな味がするのかな?
食べられるどんぐり。スダジイの食べ方、見つけ方、実食レポ。
どんぐりを食べるの第2弾。今度の食べられるどんぐりは「スダジイ」。あまり耳なじみのないこの木は一体どんな所に生えているのか?特徴的な幹や葉、スダジイのどんぐりの探し方や気をつけておいてほしいポイントをご紹介。スダジイは一体どんな味?
【とって食べる】ザリガニを食べてみた。釣れる場所や調理方法をレポート
子どもとアメリカザリガニを釣って、食べてみました。簡単にザリガニが釣れるおススメの場所や釣り方、調理方法をご紹介。食べる際に気を付けたい注意事項も。実際に食べてみた味は一体?外来種を釣って食べて、子どもの食育にも。
【とって食べる】江戸川河川敷に自生しているクルミをとって食べる。
くるみが東京にも自生しているって知ってました?その名は「オニグルミ」。実のなる秋に子どもと江戸川河川敷に探しに行ってきました。オニグルミの取り方のポイントや下処理の方法、かたーい殻の割り方もご紹介。
都会で山菜採り。江戸川土手に自生するノビルの食べ方・見つけ方
春の土手や路傍に生えているという「ノビル」を江戸川土手に探しに行ってみました。都会でも見つけやすいという山菜、ノビル。人生初ノビル探しでノビルは見つけられるのか?ノビルの探しのポイントや食べ方などをレポートします。
田んぼでセリ摘み初体験。爽やかな香りと瑞々しい食感は春の味!
春の田んぼや水辺に生えているセリ摘みを初体験。詳しいおじさんに教えてもらって、セリの特徴を目に焼き付けてきました。セリは根っこが美味しいとの事なので、根ごとセリ鍋に。爽やかな香りと瑞々しい食感は春の味です。

等々。

いっぱい採ってきてるので、これまでの遍歴はこちらのまとめをご覧ください。

定期的に図書館で本を借りたり、検索などをしては情報収集をしています。

そんな折、今年の春先にこんなネット記事を見つけました。

「カンゾウ」という、春先に土手などで取れる美味しい野草があるらしい!

当然、河川敷に探しに出かけたのですが、この春はカンゾウは見つけられず。

ただこの「カンゾウ」、夏に花を咲かせ、そのつぼみが食べられると言うではないですか。

咲く花は鮮やかなオレンジ色で、他の植物と同化しやすい緑の若葉を探すよりは断然探しやすいはず。

しかもこの時期に花を見つけられれば、来年春には若葉のカンゾウも楽しめる!おぉ、一石二鳥。

汗をカキカキ、自転車で地元の河川敷を捜索してゲットして食してみました。

スポンサーリンク

カンゾウ(萱草)の基礎知識

カンゾウは水気がある場所を好み、田んぼのあぜや土手などに生えているそう。

ちなみに漢字では「萱草」と書き、のど飴の宣伝でよく聞く「カンゾウ(甘草)エキス配合」の甘草とは別物です。

カンゾウの仲間の一属は「ワスレグサ」と呼ばれ、

ワスレグサ(忘れ草)は、花が一日限りで終わると考えられたため、英語ではDaylily、独語でもTaglilieと呼ばれる。実際には翌日または翌々日に閉花するものも多い。中国では萱草と呼ばれ、「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。

引用元:Wikipedia ワスレグサ

とのこと。

似たような名前の「ワスレナグサ(勿忘草)」とは無関係だそう。色々とややこしいなあ。

若葉は、おひたしにして、酢味噌で食べる。花の蕾は食用され、乾燥させて保存食(乾物)とする。中華料理では、主に「金針花」(チンチェンファ jīnzhēnhua)、「黄花菜」(ホワンホアツァイ huánghuācài)と称する花のつぼみの乾燥品を用い、水で戻して、スープの具にすることが多い。

引用元:Wikipedia ワスレグサ

中華料理では乾燥させて食べるそうですが、調理しての飲食も可能です。

食べてみた方の感想を調べて多かったのは「アスパラみたい」という感想、どんな感じなのか気になるなぁ。

乾燥の金針菜はネットでも買えるみたいですね。

そんなに高いわけでもないですね、数百円から買えるみたいです。

ノカンゾウとヤブカンゾウ

今回、探しに出かけて見つけたカンゾウは「ノカンゾウ」と「ヤブカンゾウ」の2種類。

ノカンゾウ
ノカンゾウ(画像引用:Wikipedia)
ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウ(画像引用:Wikipedia)

ともにオレンジ色の鮮やかな花をつける、見つけやすい花でした。

ちなみに同じような時期にオレンジ色の花を咲かすのが「オニユリ」です。

オニユリ
オニユリ(画像引用:Wikipedia)

ただオニユリは下を向いて咲くので間違えることはないかと思います。

自転車で捜索中、遠くにオレンジ色が見えたので近くに行ってみると「オニユリだった」というのは「カンゾウ探しあるある」になります(ないないw)。

ノカンゾウ

ノカンゾウ
ノカンゾウの花

ノカンゾウは花弁が重ならずに咲く一重咲きの花です。

花が咲くまではヤブカンゾウとの見分けはほぼつかないらしく、湿地を好むみたいです。

ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウの花

ヤブカンゾウは花弁が重なって咲く、八重咲きの花です。

今回探すと、こちらのヤブカンゾウの方を多く見つけました。

以外な場所でも見つけて、ちょっとビックリもしました(後述します)。

色と形状がゴージャスな感じがして、見ていて心が嬉しくなる花です。

ノカンゾウのつぼみ
自転車で1時間捜索してやっと見つけたノカンゾウのつぼみ
ヤブカンゾウのつぼみ
こちらはヤブカンゾウのつぼみ。花が咲いてくれないと見分けはつかない

つぼみを手で折って採取するのですが、「ポキッ」と折れて心地よいです。

「これから咲くぞー」と言うところを摘むので、少しだけ心が痛みます。

ただ、茎が枝分かれしてガンガンつぼみが出来て、更にそこまで希少な植物でもないらしいので、気に病むことはないと後から調べて知りました。

今回採取したカンゾウのつぼみ
今回採取したカンゾウ

初めてなのでどの程度が食べごろかも分からず、緑のつぼみも、花が咲く直前のオレンジのつぼみも採ってきました。

結論から言うと、どちらも美味しく食べれました(笑)。

採取日は6月の最終週。時期としてはまだちょっと早かったかもしれません。

カンゾウのつぼみの旬は6月末~7月いっぱい位らしいので、食べごろの大きめのつぼみは少なかったです。

こちらのサイト、写真も大きくて見やすかったです。

ヤブカンゾウ(7月の山菜) | 但馬の情報発信ポータルサイト「但馬情報特急」

おまけ、今回見つけたその他の野生食材

河川敷を捜索中、他にも自生する食材を見つけました。

ゆず?
ゆず?なのかな?

まず驚いたのがコレ。

河川敷グラウンドの生垣の中に、青柚子らしきものがなっていました。

トゲがある植物だったので柑橘系だとは思うのですが、大きさはまだ小さく、指の第一関節程度の大きさ。

夏場になったら再訪して、大きく育っているか確認してみようと思います。

青柚子だったら柚子こしょうが作れるなぁ。

アップルミント
アップルミント

アップルミントが密集して生えていました。

こいつらは本当に良く見るなぁ。

 

桑の実
桑の実

桑の実も見つけました。

ちょうど前週に桑の実を探しに行ったばかりで、木と葉の特徴を覚えていたので、自転車で通りすがらに見つけました。

赤黒く熟した実は見つけられなかったので、今回の収穫はスルーしました。

 

ウリか?なんだコレ?
ウリか?なんだコレ?

河川事務所の立ち入り禁止と思われるフェンス越しに、謎の実がなっていました。

まだ収穫には早そうだったので、採ってはこなかったのですが、何ですかねコレ?

嫁さん曰く「冬瓜じゃない?」と言ってたのですが、冬瓜ではないような…。

今度通った時、まだ生えてたら収穫してみます。

【判明しました】おそらく「キカラスウリ」のようです。

カンゾウのつぼみを食べるよ!(茹で)

「アスパラの様な味」との前情報は仕入れていたので、軽く茹でて、ポン酢マヨで食べてみましょう!

カンゾウのしょうゆマヨ
カンゾウのしょうゆマヨ

あぁ、完全に野菜だコレ、歯応えもあって美味しい

花のつぼみなんで、もう少しクタっとした食感かと思ったのですが、そんなことはなかったです。

オレンジ色のつぼみの方が咲く直前なので多少柔らかいですが、緑のつぼみの方は完全に野菜です。

クセは全くなし。

シャクシャクする食感が心地良くておいしいです。

嫁さんにも食べてもらいました。

うん、美味しい美味しい。クセのないインゲンっぽいかな

根元の硬い方は、多少粘り気も感じて、オクラっぽさもあります。

食感の歯切れの良さは確かにアスパラっぽいけど、味はそこまで似ていないです。

クセのない、本当に美味しい野菜って感じです。

お腹一杯食べたいけど、今回は量がなかったので大人だけで食べました。

子供たちにも食べさせてあげたいなぁ。

カンゾウのつぼみを食べるよ!(焼き)

後日、実家に帰る途中で寄った公園でもヤブカンゾウを見つけました。

公園のガケに生えてたヤブカンゾウ
わかりづらいですが、公園のガケに生えてたヤブカンゾウ
ヤブカンゾウ
この公園では他にもヤブカンゾウの群生地を見つけました。撮影日は7月18日、シーズン終わりですね

さらに先程「以外な場所でも見つけた」と書いたのですが、なんと実家に帰ったら、実家の発泡スチロールプランターから生えてました(笑)。

自宅に生えてたヤブカンゾウ
実家のプランターからこんにちわ。灯台下暗しとはこのことか…

父に聞いたところ、「おかあさんがどこからかもらってきて、植えたら生えた」との事。

前からあったと思うのですが、興味がなかったからスルーしてたんでしょうねぇ。

ヤブカンゾウのつぼみ
と、言うわけで子供にも食べさせられる必要量を調達!
ヤブカンゾウのつぼみをマヨネーズで和える
良く洗った後、マヨネーズで和えて
ヤブカンゾウのつぼみをオーブントースターで焼きます
粉チーズをかけて、オーブントースターで焼きました
ヤブカンゾウのマヨチーズ焼き!
ヤブカンゾウのマヨチーズ焼き!
ヤブカンゾウのマヨチーズ焼き!

夕飯のおかずに一品になりました

娘ちゃん(9歳)の感想は?

おいしい。茎のところがアスパラみたいだね

やはりアスパラっぽさは感じるようです。

お初食材だったのですが、長男(7歳)、次男(4歳)はなんの疑問も持たずにバクバク食べています。

クセがないから、大人から子供までイケちゃうおいしい食材です。

まとめ

 

カンゾウおいしい!来年春にはカンゾウの若葉を楽しもう!

今回捜索して、カンゾウの群生地を何箇所かマーキングできました。

これで来年からは春の若葉と夏のつぼみの2回楽しめることになります。

私の住んでいる千葉では、6月の下旬から7月いっぱい位にかけて、オレンジ色の花を目安に見つけられましたので、食べてみたい方は水気のある、土手や公園やあぜなどをお探しください。

「どこにでも生えてる」と言うわけではないと思いますが、だからこそ見つけた時の「やった!」感はありますよ。

ちょっと調べてみると生の金針菜は、そこそこ高級食材みたいですね。

【楽天市場】高級中華野菜 金針菜 きんしんさい 500g:食品のネットスーパー・さんきん
アスパラのような食感。高級中華野菜 金針菜 きんしんさい 500g

現在売切中ですが、500gで¥2,980円とのことです。が、自分で採ればタダです(笑)。

美味しい食材なので、探すのも宝探しみたいで面白いですよ。まぁぼちぼち大変ですけど…。

コメント